学習方法

エンジニアがブロックチェーンエンジニアにステップアップするために必要な知識やスキルまとめ

この記事ではWeb開発の基礎を身につけた人やある程度経験のあるWebエンジニアがさらにステップアップしてスゴ腕のブロックチェーンエンジニアになる上で学んでおくと良い「ブロックチェーン開発以外の知識やスキル」を紹介します。

エンジニアがブロックチェーンエンジニアにステップアップするために必要な知識やスキルまとめ

arrow_drop_down 目次

ブロックチェーンエンジニアは1日にしてならずという趣旨で以下の記事を書きました。

基本的にブロックチェーンエンジニアは優秀なWebエンジニアであれば簡単になることができます。

そのため上記の記事で触れているのようなWebエンジニアとしての基礎をある程度身につけている人はブロックチェーンエンジニアまであと少しです。

この記事では上記のような基礎を身につけた人、ある程度経験のあるWebエンジニアがさらにステップアップしてスゴ腕のブロックチェーンエンジニアになる上で学んでおくと良い「ブロックチェーン開発以外の知識やスキル」を紹介します。

暗号技術

ブロックチェーンを構成する要素として非常に重要なのが暗号技術です。

ブロックチェーンの核となる要素である分散型タイムスタンプサーバーや電子署名といった技術は全て暗号技術に支えられています。

暗号技術について学ぶには以下のような本がおすすめです。

分散システム

ブロックチェーンという技術は色々な捉え方がありますが、その一つに分散システムとしての用途があります。

既存の分散システムを知ることでブロックチェーンの優位性や欠点を知ることができます。

分散システムについて学ぶには以下のような本がおすすめです。

金融

ブロックチェーンと切っても切り離せないものに「お金」そして「金融」があります。

そもそもブロックチェーンが非中央集権デジタル通貨として開発されたビットコインと共に生まれたという歴史を持つため、お金という側面は無視できません。

そういった経緯から金融におけるイノベーションだとも捉えられています。

エンジニアといえどブロックチェーンエンジニアは開発さえできればいいわけではありません。ブロックチェーンが持つ金融的な側面を考えながらシステムを設計し、運用していくことが必要です。

そのため、ブロックチェーンエンジニアになる上でエンジニアが金融を学ぶことは大きな付加価値となります。

金融に関しては以下のような本で勉強することがおすすめです。

まとめ

ブロックチェーンが影響し、影響される分野は本当に多岐にわたるため、この記事で取り上げた「暗号技術」「分散システム」「金融」はほんの一部です。

他にも経済学や法規制、国際政治学なども学ぶと良いかもしれませんが、一度に全てを学ぶことは不可能なので、ブロックチェーンエンジニアとしての転職などを考える場合には、まずこの記事で取り上げた3つから手をつけてみるといいかもしれません。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。