プログラミング

Dapps開発者に必須のテストネットFaucetをまとめてみた

Dappsやスマートコントラクトの開発をする人にとっては必須とも言えるテストネット版ETHを手に入れることができるのがFaucetです。 当然テストネットごとにFaucetのページも異なるので一覧できるようにこの記事にまとめておきます。

2019.09.21
Dapps開発者に必須のテストネットFaucetをまとめてみた

arrow_drop_down 目次

注意:どのFaucetで入手できるETHも本物のETHではなくテストネットでしか使えないものなので注意してください。

Rinkeby

URL:https://faucet.rinkeby.io/

RinkebyのFaucetは自分のETHアドレスをTwitterまたはFaceBookで投稿し、その投稿のURLをページのボックスに入力、希望するETHの額を選択して完了となります。

Spamを防ぐためにこのような仕組みが取られており、TwitterまたはFaceBookのアカウントがないと使えないようになっています。

TwitterまたはFaceBookのアカウントを持っていない方は以下のどちらかでも入手することができます。

Kovan

URL:https://faucet.kovan.network/

KovanテストネットのFaucetはGitHubでログインし、アドレスを入力して入手します。

一度のリクエストで1ETHが送信されます。

Ropsten

URL:https://faucet.ropsten.be/ または https://faucet.metamask.io/

どちらのページでもRopstenテストネット用のETHを手に入れることができます。

前者では24時間に一度リクエストすることができ、後者は一度に1ETHのみリクエストすることができます。

Goerli

URL:https://faucet.goerli.mudit.blog/ または https://goerli-faucet.slock.it/

Goerliテストネットは比較的新しいマルチクライアントテストネットで、基本的に一般的な開発のテストでは使われていませんが、一応掲載しておきます。

前者はRinkebyと同様TwitterまたはFaceBookのアカウントが必要です。

後者は一度の0.05ETHのみリクエスト可能です。

まとめ

Dappsやスマートコントラクトの開発をする人、学んでいる人はこのページをブックマークしてテストネットETH用Faucetへのアクセスを簡単にしましょう。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。