ユースケース

サプライチェーンにおけるブロックチェーンの活用事例9選

サプライチェーンにおけるブロックチェーンの活用事例9選

2019.10.11
サプライチェーンにおけるブロックチェーンの活用事例9選

arrow_drop_down 目次

 サプライチェーン領域でのブロックチェーン活用は世間を騒がせております。複数の企業が絡んでいる領域で検討している企業が多く、コンソーシアムブロックチェーンを活用して何かできないのか模索している企業が多いです。今回は、取り組んでいる事例をもとに、どんなメリットがあるのか?まとめていきたいと思います。

サプライチェーンにブロックチェーンを導入しようと試みている企業9選

・ShipChain

・Ambroses

・Chronicled

・Origin Trall

・Eximchain

・Modum

・Everleder

・Morpheus Network

・CargoX

まずは、サプライチェーン領域でブロックチェーンを活用する3つのメリット

・紙でのやり取りに依存しており手動で手続きしており1~2週間ほど契約に時間がかかっています。

 また契約内容の齟齬による手続きのし直しや人為的ミスによる損害もあり、ブロックチェーンを活用することで人為的ミスの削減と手続きの簡略化を図ります

・トレーサビリティーの強化。どのように商品が作られ、消費者まで届けられているのか?透明化を図ります。

・取引コストを削減し、支払いの所有時間を改善します。

スマートコントラクトを活用することで、合意された前提条件に基づいて契約の条件を実行します。多くの商取引の詐欺と執行コストを大幅に削減する可能性があり、過去の取引データの履歴を改ざんされることなく透明性を持った状態で取引ができるようになると、安心して取引することができます。スマートコントラクトを活用することで、取引における簡略化や、自動執行など、今までかかっていた手続きコストなど削減することも可能になります。

9個のプロジェクトについて

ShipChain

グローバルなサプライチェーンに可視性と信頼性をもたらす、統合された統合ソリューションです。出荷が生産施設を出た瞬間から、顧客の玄関先での最終配送まで、サプライチェーン全体にわたる完全に統合されたシステム。すべての貨物は、信頼できない透明なブロックチェーン契約で統合および検証されます。また、貨物が指定された範囲内にあるときに通知がトリガーされるので、貨物の場所をリアルタイムで完全に可視化できます。収容コスト、従業員の待機コスト、および既存のハードウェアまたはShipChainが提供する低コストのハードウェアと統合できるレシーバーによるチャージバックを削減します

Ambrosush

Ambrosus は食品会社や製薬会社のための、ブロックチェーンを利用したIoTネットワークです。センサー、分散台帳、データベース間における安全でスムーズな情報交換により、サプライチェーンの可視性と品質保証を最適化します。

Chronicled

Chronicledは、分散型のサプライチェーンエコシステムを展開し、主要産業全体のグローバルな取引を強化するためのプロトコル駆動型ソリューションを構築しています。当社の製品スイートとネットワークの力を活用することで、世界最大の企業と業界の一部は、より効率的で、協調的で安全なb2b取引を構築しています。

Origin Trall

OriginTrailプロトコルは、ブロックチェーン技術を利用することにより、グローバルなサプライチェーンに信頼できるデータ共有をもたらします。OriginTrail分散ネットワーク(ODN)は、世界的に認められた標準と強力なグラフデータ構造に基づいて、組織間環境でのデータの整合性と検証のために構築されています。さまざまな業界の既存のユースケースを使用するOriginTrailは、次世代のビジネスアプリケーションの基盤です。

Eximchain

Eximchainは、エンタープライズサプライチェーンアプリケーション向けのプライバシーを備えたスケーラブルなパブリックブロックチェーンネットワーク用のプロトコルです。Eximchainは、企業が情報をより効率的かつ安全に接続、取引、共有できるようにします。

Modum

Modumのソリューションポートフォリオは、今日のサプライチェーンにおける3つの主な課題に対処します。デジタルデータの収集と物理世界での関連イベントの監視、サプライチェーンエコシステム全体のビジネスプロセスの自動化、信頼できる洞察と予測に基づくサプライチェーンの最適化です。

Everleder

Everledgerへようこそ。私たちは、ブロックチェーン、AI、IoTなどの安全な技術のシンフォニーを使用して、企業が資産情報を明らかにし、収束させるのを支援する独立したテクノロジー企業です。私たちの目的は、透明性が戦略的必須事項である市場での明確さと信頼性を高めることにあります。

Morpheus Network

Morpheus.Networkは、ブロックチェーン技術を利用した統合された暗号通貨支払いシステムを備えた、フルサービスのグローバルな自動化されたサプライチェーンプラットフォームです。

CargoX

CargoXは、ブロックチェーンベースのスマート船荷証券(Smart B / L™)ソリューションの独立したサプライヤであり、世界中のどこでも船荷証券を処理するための非常に高速で、安全で、信頼性が高く、費用効果の高い方法を提供します。CargoXは、イーサリアムネットワークに基づいた分散型プラットフォームを開発し、サプライチェーン業界向けの将来の製品のパイプラインを持っています。

まとめ

いかかでしたか?サプライヤーが透明化することにメリットは様々なものがありますね。人による人為的なミスを減らし、取引コストを削減できたり、誰が作っているのかがわかると、中間者が排除され直接取引することができるようになったりします。また、投げ銭機能などつければ、このコーピー美味しかったからコーヒー豆を作っている方に投げ銭できたりまたこの人から購入しようということもできる可能性があります。これからどうなるのか楽しみですね。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。