キャリア

ブロックチェーンエンジニアの年収が高騰している理由

給与が高騰し続けるブロックチェーンエンジニアについて、その現状と理由を解説しました。

ブロックチェーンエンジニアの年収が高騰している理由

arrow_drop_down 目次

【はじめに】

近年、社会的需要が高まった結果として給与が高騰している職種のひとつに、【ブロックチェーンエンジニア】があります。

しかし一方で、世間的にあまり知られていない職種でもあります。

本記事では、そんな知る人ぞ知るブロックチェーンエンジニアについて、業務内容から給与高騰の理由、今後の展望まで解説していきます。

【ブロックチェーンエンジニアとは】

そもそもブロックチェーンエンジニアとは何なのでしょうか。

参考記事:https://magazine.blockchaincodecamp.jp/5-blockchain-engineer-job-offers/

上記記事で書かれているように、ブロックチェーンエンジニアは総称名で、大きく3つに区分けされます。

  1. ブロックチェーンのコア技術を開発しているエンジニア
  2. ブロックチェーン自体を研究しているエンジニア
  3. ブロックチェーンを活用したサービスを開発しているエンジニア

 詳しく説明すると、

1. EthereumやHyperlegerなどのコミュニティーに参加し、オープンソースに貢献しているエンジニア

2. 大学・大学院や会社の研究所で研究しているエンジニア

3. ブロックチェーンを活用したアプリケーションなどのサービスを開発しているエンジニア          

となります。次章ではブロックチェーンエンジニアの平均年収について解説します。

【平均年収】

ブロックチェーンエンジニア [平均年収]928万円
全職種 [平均年収]432万円

参照:平均年収.jp

上記の表のように日本国内だけでも平均年収が928万と、全職種平均である432万の2倍以上です。

一般的な業界領域のエンジニアとしてこれだけの年収を受け取るためには、それ相応のスキルや経験が必要です。

その一方で、ブロックチェーンエンジニアは人材の絶対数が未だ少ないため、他のIT系技術職にくらべ高年収へのハードルは低いです。

また、日本以上に市場が発展している海外においても、ブロックチェーンエンジニアの年収が高いのは同じです。

シリコンバレーのあるサンフランシスコを例に挙げれば、その平均年収は約1,700万円にもなります。

参照: Hired

つまり、日本における市場価値よりも世界における市場価値の方が高いということです。

これが意味することは、ブロックチェーンの市場規模に関して世界から遅れをとる日本において、ブロックチェーンエンジニアの価値は今後も引き続き上がり続けるということです。

ではなぜ、ブロックチェーンエンジニアの平均年収はこれ程まで高いのでしょうか。

【平均年収が高い理由】

日本だけでなく世界においても平均年収が高いブロックチェーンエンジニア。その最大の理由としてあるのが、人材としての【希少価値】です。

参照:Hired

このグラフは、Hiredの2019年版レポートを元に作成したグラフです。これをみてわかるように、ブロックチェーンエンジニアの需要は他と比べ圧倒的なスピードで増加しています。

この急速な需要の増加は、ブロックチェーン技術の急速な発展と比例していると言えます。

しかしそんなブロックチェーンは、技術発展のスピードが急速であるが故に扱える人材が不足しているのです。

この需要過多な状況こそが、ブロックチェーンエンジニアの給与高騰を引き起こしている要因です。

このような今求められている職業ブロックチェーンエンジニアは、どのようにしてなるのでしょうか。

【ブロックチェーンエンジニアになるには】

まず、技術者としてそのものに対する知識は必須です。そこで通常のエンジニアのための学習に加え、ブロックチェーンに関する学習も必要になります。

その学習方法は大きく分けて二つあります。


1:プログラミングスクールに通う

おすすめのプログラミングスクールに関しては、以下の記事にまとめてあります。

ただのプログラミングスクールではなく、ブロックチェーンも学べるプログラミングスクールとなると数は限られてきます。後に書く本での独学法よりも、効率的に短期間で確実にstep upできる点が強みです。

2:本などを用いた独学

独学は人を選ぶ点が欠点として挙げられますが、出来る人にとっては最強の学習方法です。独学の際のおすすめ本は以下の記事にまとめてあります。

【ブロックチェーンエンジニアの将来性】

先述の通り、今現在ブロックチェーンエンジニアの需要は急速に高まっています。過去同じような需要の変化を迎えた職種としてAIを扱う機械学習エンジニアがあります。

機械学習に携わるエンジニアは、社会的ブームが一段落した今日においても高い市場価値を維持しています。また、ブロックチェーンは人工知能以上に様々な業界において応用可能なほど、汎用性に優れた技術です。

人工知能エンジニアの現状を踏まえれば、ブロックチェーンエンジニアの将来性も自ずと見えてくるはずです。

【PR】Dapps開発まで出来る!短期で確実に実力をつけたい方へ

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。


現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。

https://lp.blockchaincodecamp.jp/