学習方法

【独学】プログラミング初心者へのアドバイス

プログラミング初心者が独学する際の重要ポイントとつまずきがちなポイントをまとめました。

【独学】プログラミング初心者へのアドバイス

arrow_drop_down 目次

はじめに

「独学」とは、数あるインプット方法の中で最も万能かつ最強なものです。

しかしそんな独学は、結果面において本人の精神面に大きく依存してしまうことから、人を選ぶインプット方法です。そんな諸刃の剣のような独学を、プログラミングにおいて行う際の必須項目とそこに付随する3つの問題、計4つのポイントについてまとめました。

絶対条件

絶対に必要な【習慣化】

第一に挙げられるのは、「習慣化」です。

これは、独学の際の必須項目と言えます。何かを習慣化するということは、「ある行為をごく当たり前に且つ継続的に行えること」です。独学はこの習慣化ができさえすればなし得ることなので、独学とはすなわち習慣化であるとも言えます。

この習慣化が自然にできる人こそが、本当の意味で独学に適した人と言えます。では、習慣化が自らできない人はどうしたらいいのでしょうか。

以下で、プログラミング学習の習慣化に当たっての3つの問題点を解説します。

問題点:1

【教材は結局どれがいいのか問題】

書店などで店頭にならんだプログラミング教材本を手にとったが、内容が暗号のようでどれがいいのかさっぱり・・・

これは誰もが通った道ではないでしょうか。「自分に合った教材を探したいけど、そもそも何もわからないからどれがいいのかもわからない」このような悩みは往々にして生じるものです。では、どのようにして解決したらいいのでしょうか。

1:ネットメディアのおすすめを見る

何もわからない状況でどうにか良い教材を見分けようとしても骨折り損です。そんな時は先人たちの経験を当てにし、自分にぴったりな教材を見つけるのが良いでしょう。

2:なんでもいいからやってみる

これはコストはかかるにしても一番手っ取り早い手段です。詰まるところどの本も書いてある内容は同じなのですから、読み手の心の持ちようでその本は最高の教材になります。しかしやはり、どうしても時間的・金銭的コストがかかってしまいます。少しでも遠回りを防ぐためには、出版日がより新しいものを選ぶのが良いでしょう。

問題点:2

【全然やる時間ない問題】

どんなに高評価な教材を手に入れたところで、それに取り組む時間が無ければ意味がありません。プログラミングは独学で習得しようとした際、合計で1000時間かかると言われており、学習者の多くは600時間付近で挫折してしまうと言われています。

CITIZENが行なった調査によれば、サラリーマンには平日平均で2.6時間/日の可処分時間があります。この時間を丸々プログラミングに当てた場合、上記の1000時間を達成するのは19ヶ月(約1年半)後となります。

参照:CITIZEN

この時間的難度に加え、膨大な時間をかけたとしても確かな結果がでるとは限らない点が独学の厳しいところです。確実にスキルを身に着けるためには、常にプログラミング学習の確かな質が求められます。

問題点:3

【モチベーション管理が激ムズ問題】

これは独学に関わらず生活の至る所にある問題ですが、実はプログラミングにはその中でも上位の難しさがあります。なぜなら、プログラミング学習の時間のほとんどはエラーを正すことに費やされるからです。

どこが間違っているのかわからず、手探りで修正するも毎回出てくるエラーにうんざりし、プログラミングに対するモチベーションが低下してしまう人は少なくありません。

結論

ここまで色々と書いてきましたが、結論としてプログラミングの独学はあまりオススメできません。初心者に関しては、友人にしろスクールにしろしっかりとサポートしてくれる存在を近くに置くことをおすすめします。

【PR】自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。