学習方法

【2019年版】ブロックチェーン本のおすすめ&比較[入門~応用]

ブロックチェーンについて学ぶ際のおすすめ本をまとめました。入門から応用まで、技術系からビジネスまで幅広くまとめています。

【2019年版】ブロックチェーン本のおすすめ&比較[入門~応用]

arrow_drop_down 目次

【はじめに】

今日において、「人工知能」「ブロックチェーン」「IoT」「VR」など最新テクノロジー関連のニュースは増加傾向であり、それだけ社会全体としてのテクノロジーの立場が重要になっていると言えます。

その中でもブロックチェーンは、【社会構造を根本から変革し得る技術】として注目されています。

ブロックチェーン関連のニュースで話題なのは「FinTech」や「仮想通貨」ですが、これらはブロックチェーンの活用方法の一つでしかありません。

それだけ大きなポテンシャルを秘めたブロックチェーンを理解するには、確かな情報源によるわかりやすい解説が必要です。本記事では、これら条件を備えるブロックチェーン理解に役立つおすすめ本を紹介します。

【入門レベル おすすめ本】

初学者の方が一冊目に読む本としてのおすすめ本です。

1:未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

ほぼ全てのページでイラスト調に図解がされており、視覚的にとてもわかりやすい。簡単な技術解説からビジネスでの活用例や用語解説まで、網羅的に説明されているにも関わらずページ数はコンパクトに抑えられている。

難易度:★☆☆

わかりやすさ:★★★

タイプ:網羅的

2:ブロックチェーンの描く未来

ブロックチェーンがどのように社会を変革し得るのかを、ブロックチェーンの本質や問題点・実際の活用例などを交えて解説しています。また、技術面の解説というよりは、ビジネス面の解説や未来予測などをテーマとしています。

難易度:★☆☆

わかりやすさ:★★★

タイプ:ビジネス

3:WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?

ブロックチェーンの基本的な解説をベースに、ビジネスにおける活用例や著者自らが取り組むビジネスモデルの紹介などがされています。他書籍と比べ、かなり具体的な活用例が紹介されています。

難易度:★★☆

わかりやすさ:★★★

タイプ:ビジネス

4:いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み 

仮想通貨を主軸に置きつつ、ブロックチェーンの技術的な解説からビジネス活用例などを、適度な図解を交えながら網羅的に解説しています。仮想通貨に興味がある人におすすめです。

難易度:★☆☆

わかりやすさ:★★☆

タイプ:網羅的

【応用レベル おすすめ本】 [技術編]

二冊目以降にそれぞれの興味分野に基づき読む際のおすすめ本です。

1:Mastering Bitcoin ビットコインとブロックチェーン 暗号通貨を支える技術

バイブル的な立ち位置の本であり、ブロックチェーンを本気で理解したいならこれ。技術面の解説もされているが、それ以外の部分だけを読んでも十分理解に役立つ。かなり突っ込んだ内容であるため、二冊目以降におすすめ。

難易度:★★★

わかりやすさ:★★☆

概要:ブロックチェーン全体の仕組み

2:ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 

仮想通貨における基幹技術としてのブロックチェーンの技術的な解説を軸に、概念理解や技術の歴史などが解説されている。Rubyを用いての比較的平易な解説であり、ビットコインとセットでブロックチェーンを学びたい人におすすめ

難易度:★★☆

わかりやすさ:★★★

概要:ブロックチェーン全体の仕組み

3:堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門

ブロックチェーンの全体像に始まりスマートコントラクトやセキュリティについて技術面を中心に解説している。ブロックチェーンにおける暗号化などセキュリティ分野に興味がある人におすすめ。

難易度:★★★

わかりやすさ:★★☆

概要:スマートコントラクト関連

4:ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書

ブロックチェーンアプリケーション(通称Dapps)を開発したい人向け。ブロックチェーンやスマートコントラクトなどを理解した上で取り組むのが理想と思われる。

難易度:★★★

わかりやすさ:★★☆

内容:Dapps開発

【応用レベル おすすめ本】 [ビジネス編]

二冊目以降にそれぞれの興味分野に基づき読む際のおすすめ本です。

1:新事業企画・起業のための 実践ブロックチェーン・ビジネス

ブロックチェーンのビジネスにおける活用方法を具体的に解説・提案している本。触れられている業界も幅広く、ビジネス面に興味がある人には申し分ない。

難易度:★★☆

わかりやすさ:★★★

概要:ブロックチェーンの実践的活用方法

2:ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

ブロックチェーン活用による変化を、社会規模で解説した翻訳本。技術を社会実装することによる利点や克服すべき課題などを丁寧に解説している。

難易度:★★☆

わかりやすさ:★★☆

内容:社会規模での影響の解説

3:トークンエコノミービジネスの教科書

ブロックチェーンを活用したトークンエコノミーの全体像に関する解説。「トークンエコノミー」に興味があるのなら迷わずこれ。

難易度:★★☆

わかりやすさ:★★★

内容:トークンエコノミー

【最後に】

以上ブロックチェーンを本で学ぶ際のおすすめ書籍をまとめてみました。本はネットとは異なり、非常に確度の高いメディアです。モチベーション管理さえ自分でできるならば、本はあなたに無尽蔵な知識を与えてくれるでしょう。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【PR】自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。


現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。

https://lp.blockchaincodecamp.jp/