ユースケース

ブロックチェーン×保険サービス事例3選!どのように保険分野で適応されているかまとめてみた

保険とブロックチェーンは相性がいいといういわれてはいるものにどう活用されているのか?今回は、実際の事例を3選取り上げてまとめてみた。

2019.10.17
ブロックチェーン×保険サービス事例3選!どのように保険分野で適応されているかまとめてみた

arrow_drop_down 目次

Etherisc Flight Delay Insurance

Etherisc Flight Delay Insurance - Get instant payout in case your flight is late

【サービス】

保険会社は数兆円にも及ぶ市場規模があり、巨大企業が市場を独占しています。多くの利益をあげてる上に、手続きの非効率性である上に、コストが高く未払い問題なども起きています。この業界をブロックチェーンで解決しようと生まれたのがEtherisc Flight Delay Insuranceです。Etherisc Flight Delay Insuranceは分散保険申請のためのプラットフォームを構築しており、保険の売買の効率化や運用コストなどを削減した新たな保険×ブロックチェーンサービスです。

【保険の種類】

・パラメトリック保険

飛行遅延、カテゴリ5のハリケーン、天気予報と衛星画像による作物の損失など、特定の条件が満たされると、自己実行のスマートコントラクトがほぼ即時の支払いをトリガーします。

・トークン経済の保険

大量導入を実現するには、主要なトークンエコノミーには、プロトコルユーザーとDAppコンシューマーを保護するプロトコルネイティブセーフティネットが必要です。災害が発生した場合、保険がネットワーク/ユーザーに損失を補償します。

・特産品および損害保険

大規模な保険会社は、2000万ドルの市場や10ドル未満の保険料(マイクロ保険)に対応することに興味がないかもしれません。個々の開発者、UIデザイナー、またはデータサイエンティストは、収益の分配または利益の引受と引き換えに、そのような製品の開発に関心を持つ場合があります。

・分散型リスクプール

保険リンク証券と同様に、暗号化資産を売らずに投資家が受動的所得を得るという、再保険の役割を効果的に果たすことができるトークン化されたリスクプールの概念を開発したいと考えています。このユニークな資産クラスは、地震が負債または株式市場の上下に相関しないため、無相関のリスク/報酬プロファイルを提供します。

Insureum

Insureum - Decentralized insurance

【サービス】

Insureum Protocolは、保険会社、その顧客、開発者をつなぐことを目的とした、ブロックチェーンベースの新しい保険エコシステムです。これは、保険会社が個々のライフスタイルに合わせて保険証券を調整し、顧客に独自のインセンティブを提供できるように設計されています。Ziktoのビジョンは、40歳未満の人々にとって魅力的な多くの新しい保険商品が開発される条件を作成することを、Insureum Protocolが目指しています。

【保険の種類】

パラメトリック保険

公開データ(天気、フライト情報、不動産など)および請求プロセスの自動化に基づく保険 

UBI(使用量ベースの保険)

保険契約者の行動と使用パターンに基づく保険(走行距離、歩いた距離、運動した時間など)

リアルタイム(オンデマンド)保険

需要と使用量に基づいた動的な補償と価格設定を備えた保険
 

オーダーメイド保険

実際のデータを活用して、消費者のニーズに基づいて開発された保険

Nexus Mutual

Nexus Mutual - Returning the power of insurance to the people.

【サービス】

Nexus Mutualは、コミュニティで様々なリスクをカバーするプロジェクトで、DeFiやDApps向けのスマートコントラクト保険がすでにメインネットでローンチしています。Nexus Mutualが、カバーする保険の範囲はスマートコントラクトのバグのカバーを想定しています。そのコントラクトアドレスにバグがあり、そこを攻撃されるなどした場合、それは基本的に巻き戻しが効きません。

【提供価値】

1つ目は、DAppを構築し、スマートコントラクトコードの展開を計画しているプロジェクトです。彼らはカバーを購入することができ、何か問題が発生した場合、例としてユーザーに返金するために使用できる請求の支払いを受け取ります。これらのプロジェクトは文字通り何でも構築できますが、いくつかの明らかなユースケースは、スマートコントラクト、スマートコントラクトベースのウォレット、または資金を保持するDAOのアセットをロックするDeFiプロジェクトです。また、規制の厳しい環境で事業を展開しているため、事業のあらゆる面で何らかの形の保険を必要とする企業から非常に多くの関心が寄せられています。イーサリアムを使用するSTOやサプライチェーンプロセスなどです。

2つ目は、個々のイーサリアムユーザー、特にDeFiまたはOpen Financeに関心のあるユーザーです。MakerDAO CPDやCompoundなどのスマートコントラクトで資金をロックしている場合、これらのスマートコントラクトが失敗するリスクがあり、そのリスクから身を守ることができます。


まとめ

いかかでしたか?スマートコントラクトは保険に最適です。1つの中央機関を信頼する必要性を排除、世界中の個人のプールの利益を調整、自動化システムを提供、効率を大幅に改善し、リスク共有を促進できます。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。