プログラミング

【初心者向け】Geth(Go-Ethereum)とは?わかりやすくまとめてみた

イーサリアムのノードを構築するイーサリアムクライアントであるgethについて解説していきます。

2019.09.16
【初心者向け】Geth(Go-Ethereum)とは?わかりやすくまとめてみた

arrow_drop_down 目次

イーサリアムクライアントとは?

Ethereumを利用する場合、まずはEthereumのP2Pネットワークに参加する必要があります。ネットワークへの参加はEthereumクライアントをインストールし起動することで参加が可能になります

代表的なイーサリアムクライアント

Ethereumクライアントには、

・Geth(go-ethereum)

・cpp-ethereum

・perity

・ethereumj

・pyethapp

があります。今回は、gethについて解説していきます。

ネットワークの種類

 Ethereumには3種類のネットワークがり、開発のフェーズによってアクセスするべきネットワークを変更する必要があります。

・パブリックネットワーク

 いわゆる本番環境のことを指します。最初から、いきなり本番環境でデプロイすることはないと思いますので十分に以下のネットワークで試してからパブリックネットワークでデプロイしましょう。

・プライベートネットワーク

 自分のローカル環境のみで構築可能なネットワークです。独自で構築することが可能です。

・テストネットワーク

 パブリックネットワークとは異なり、多くの参加者がいる状況でテストネットワークを使用できるのがテストネットワークです。なので、パブリックテストネットワークにデプロイする前に最終テストとして使用するケースが多いです。

Gethとは?

GethとはEthereum(イーサリアム)財団が提供しているクライアントソフトで、Go Ethereumの略称です。

Ethereumを利用する場合、まずはEthereumのP2Pネットワークに参加する必要があり、ネットワークへの参加はEthereumクライアントをインストールし起動することで参加が可能になります。gethを用いることで、先程紹介した3種類のネットワークすべてに参加することができます。Gethはプログラミング言語Goにより実装されたCUIクライアントであり、GethをインストールすることでEthereumネットワークにフルノードとして参加し、

1、etherの採掘(マイニング)

2、etherの送金

3、スマートコントラクトの生成

4、トランザクションの生成

5、ブロックチェーンの確認

といった動作が可能になります。

まとめ

いかがでしたか?

gethを用いてノードを立てることができ、ネットワークに参加することができます。開発フェーズによってアクセスするネットワークを変更することで、スムーズにスマートコントラクトの検証を行うことができます。

いきなりパブリックネットワークにデプロイするのは危険なので、gethを活用してスマートコントラクトの検証を行いましょう。次回以降は、実際に、ダウンロードの仕方から、使用方法まで記載していきたいと思います。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

 自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

 プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。