プログラミング

「初心者向け」プログラミング未経験からERC20トークンを発行する方法 NO,1

初心者からでもEthereumを活用してERC20トークンを発行する方法をまとめてみました。写真多めなので是非発行してみてください。

2019.09.16
「初心者向け」プログラミング未経験からERC20トークンを発行する方法 NO,1

arrow_drop_down 目次

はじめに

ERC20トークンとは、イーサリアムのプラットフォーム上のみで使用することができるトークンです。

トークンの活用方法については、前回の記事:今さら聞けない?イーサリアムのERC20トークンとは?を参考にしてみてください。

今回は、ERC20の発行方法について2記事に渡って説明していきたいと思います。

作るまでの流れ

  • 0、トークンを発行するにあたってのツールを紹介&使用方法
  • 1、トークンを管理するウォレットを作る
  • 2、テストネット上で発行するためのイーサリアムを手に入れる
  • 3、トークンのコードを書く
  • 4、トークンを公開

0、トークンを発行するにあたってのツールを紹介&使用方法

ブラウザ:Google Chrome(クローム)

ウォレット:MetaMask(メタマスク)

テストネット上で使用するためのイーサリアム配布サイト:Test Ether Faucet(テスト イーサ フォーセット)

コードを書くためのツール:Remix

MetaMaskを開く場面が多いので、ブラウザはGoogle Chromeでお願いいたします。

ツールのインストール

ブラウザ:Google Chrome(クローム)

まずは、Google Chromeをインストールしましょう。

こちらすでにインストールしている方は、飛ばしてください。

ただ、先ほども書きましたが、Google Chromeで使用していきますのでsafari等で開かないよう気おつけてください。

ウォレットのMetaMaskを追加して来ましょう。

Chomeウェブストアでmetamaskを検索し、追加してください

検索すると下図が表示されるので、赤丸の「Chromeに追加」をクリック。

クリックすると画面上部に下図が表示されるので、「拡張機能を追加」をクリック。

「拡張機能を追加」をクリックすると右上部に狐のアイコンが追加される。追加された狐のアイコンをクリックすると下図が表示されるので、「TRY IT NOW」をクリック。アカウント作成までの手順が少し変更されているが、気にせず流れに沿って行なってください。


クリックすると下図が表示されるので、続行をクリックして、登録を行ってください。注意点がありますので、それを読んでから進めてください。

登録する際の注意点

秘密鍵を復元する際に必要なニモニックコード(12個の英単語)は各自で保存しておいてください。忘れてしまうと、復旧できなくなります。ニーモニックコードは、下図の赤で囲われている部分をクリックすると表示されます。

以下の画面が表示されれば完了です。

テストネット上で使用するためのイーサリアム配布サイト:Test Ether Faucet(テスト イーサ フォーセット)

開いて、一番上の

こちらの、「Ethereum メインネット…」を、Ropstenテストネットワークに変更してください。

すると、こちらに変わってるはずです。

テストネットワーク上で使うイーサリアムをもらいます。

こちらのサイトをクリックすると、

このような画面が出てくるはずです。

この緑のボタン「request 1 ether from faucet」をクリックしましょう。

すると、MetaMaskが起動し、

このようなものが出て来ます。

この青ボタンの「Connect」を押してください。

すると、約30秒ぐらい待って、右上のMetaMaskを開いてみてください。

すると、

MetaMaskに1ETHが入ってるのを確認できます。

これは、テストネットワークで使うイーサリアムなので、メインネットワークでは使えません。

まとめ

今回は、ツールのインストール、ウォレットの作成、テスト用のイーサリアムw手に入れました。次回以降は、ステップ3以降について説明していきたいと思います。