ユースケース

自身のDNA情報を解析から売買まで提供するNebula Genomicとは?

自身の遺伝子情報を解析、自己管理、売買まで一気通貫するサービスを提供しようとしているNebula Genomicについてまとめてみた。

2020.01.09
自身のDNA情報を解析から売買まで提供するNebula Genomicとは?

arrow_drop_down 目次

Nebula Genomicとは?

Nebula Genomicsは、ヒトゲノムのシーケンシング(遺伝子解析)および医療ビッグデータを専門とする企業で、消費者、研究者、および医療コミュニティに向けた信頼性の高い遺伝子&医療データの大規模マーケットプレースを構築し、「遺伝子解析がもっと身近になる時代」を創出することを目指しています。Nebulaプラットフォームはブロックチェーン技術を活用することで消費者が自身のデータを管理し、その利用に際して報酬を受ける仕組みです。蓄積された豊富な遺伝子情報は、医薬品開発の促進、臨床試験への活用、個々の健康状態に応じたオーダーメイド医療の実現など様々な領域で利用できます。

Nebula Genomicが生まれた背景

ゲノムデータや医療データなどそれぞれのデータは断片化されています。例えば、医療情報でいうと病院を移るたびに同じような質問に答えたりしないでしょうか。このように、医療に携わるデータは現在非効率なものが多いです。また、製薬会社やバイオテクノロジー企業のが研究するために欲しいデータを探し、手動でデータの受け取り、その都度価格を交渉し、契約、支払いを行なっている状況です。データをもらうまでにはかなりの事務項数やそれに伴うコストがかかっています。これらの問題をブロックチェーンを活用し素早くデータの購入者と直接かつ安全にデータの受け渡しができるようにすることを掲げています。

具体的な流れ

1、DNAデータを解析する

唾液の解析キットを購入し、DNAキットを使用。その後、サンプルを配送します。

2、データを受け取る

データを受け取った後、データを解析しレポートをだします。

また、解析したデータは、暗号技術を活用しているため法的機関、研究者、誰であろうと自身の同意なしにデータにアクセスされることはあります。

3、データ売買

匿名のままアンケートに回答していくと報酬が何かしらの形でもらえて行くそうです。2020年1月8日現在、作者はこれらの機能があることを確認することはできませんした。こちら(https://blog.nebula.org/anonymous-sequencing/)のニュースを見る限りだけ現在、開発中とのことです。期間などめ明記されていませんでした。

まとめ

いかかでしたか?まだ売買マーケットの存在は確認できませんでしたが、今後出来上がったタイミングで是非一度検査されてみてはいかかでしょうか?また、ビットコインなどの暗号通貨でも支払いが可能とのことです。

まとめ

ブロックチェーンやスマートコントラクトの開発を独学するのみ役立つ学習リソースをいくつか紹介しました。

単に独学といっても一人で黙々と取り組むだけでなく楽しみながら学んだり、コミュニティに参加するなどしてモチベーションを上げながら理解を深めていきましょう!

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。