ユースケース

仮想通貨を管理するウォレットについて解説

仮想通貨を管理するためのウォレットにはさまざまな種類があり、安全に管理するためには目的に応じて使い分ける必要があります。それぞれの利点を理解して安全に管理しましょう。

仮想通貨を管理するウォレットについて解説

arrow_drop_down 目次

ウォレットとは

 現物の存在しない仮想通貨を保管する場所がウォレットになります。ウォレットには財布という意味がありますが実際に通貨が入っているわけではありません。ウォレットにはブロックチェーン上に記録されているコインの所有者だけのアクセス権が保管されています。

 仮想通貨ごとに細かい仕様が変わってくるためそれに合わせてウォレットも変えなくてはいけませんが、ERC企画などの同じトークン規格で作成されたトークンは同一のウォレットで管理することができます。

仮想通貨取引所での資産の管理

 取引所で仮想通貨を買ったまま預けている場合、取引所がウォレットを一元管理していることになります。もし取引所がハッキングの被害にあった場合、そこに預けていた個人資産も盗まれる危険性があります。

 取引所の資産が流失した場合でも財産の所有者は取引所になるため裁判で全額返金を請求することは出来ず、補償も取引所の裁量次第となるために利用者は最悪泣き寝入りすることになります。

 リスク回避のためにも頻繁に取引の行わない仮想通貨は手元の個人ウォレットで管理しましょう。

ウォレットの種類

ウォレットには状態によって数種類に分類されます。

ホットウォレット

 オンラインに接続されているウォレットをホットウォレットと言います。
送金の利便性は高いですが次に紹介するコールドウォレットよりハッキングの被害にあうリスクが高いのが特徴です。

・オンラインウォレット

クラウド上で提供されているウォレットです。オンライン上にあるため迅速な取引が可能ですがハッキングにあうリスクが最も高くなります。

・モバイルウォレット

スマホなどにアプリとしてインストールされたウォレットです。店頭でのモバイル端末による決済などに利用できます。

・デスクトップウォレット

パソコンにインストールして使うウォレットです。使わない間はネットワークから切り離すことができるのためモバイルウォレットよりセキュリティ強度が高いといえます。

コールドウォレット

 オフラインに存在するウォレットをコールドウォレットと言います。
セキュリティ面ではホットウォレットより安全性が高いが利便性が低いのが特徴です。

・ハードウェアウォレット

USB状のデバイスにアクセス権が記録されているウォレット。オフラインで管理するためハッキングに強く、利用する際はパソコンに繋ぐだけなので利便性も悪くはないですが、端末費用が比較的高いのがネックになります。

・ペーパーウォレット

仮想通貨を管理するアクセス権を復元するための情報がQRコードや英数字列として紙面に記録されたウォレット。ハッキングのリスクは最も低いものの利便性や焼失するリスクが大きいです。

まとめ

目的・用途によって扱うウォレットを変えることが望ましいです。
これを機に皆さんも目的にあったウォレットを使ってみてはいかがでしょうか。


「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。