ユースケース

商業銀行も注目する?!ステーブルコインのユースケースまとめ

この記事では大手商業銀行などが積極的に参入しているステーブルコインのユースケースを紹介します。

商業銀行も注目する?!ステーブルコインのユースケースまとめ

arrow_drop_down 目次

ステーブルコインとは?

 2009年に実現したビットコインは新しい金融商品として多くの人々に受け入れられつつあります。しかし、ビットコインの価格は変動が激しく通貨として機能できていません。

 一方でブロックチェーン上に対ドル価格の変動が非常に小さい暗号通貨またはトークンを発行する仕組みが考案されています。そして、そのような暗号通貨またはトークンをステーブルコインと呼んでいます。

 一般的なステーブルコインの特徴について、法定通貨に対してペッグされることによってボラティリティが低く、それゆえに価値保存や交換手段、ブロックチェーン上の価値尺度になりうることが挙げられます。

 今回は、商業銀行におけるブロックチェーンのユースケースについてステーブルコインの活用を中心にご紹介していきたいと思います。

ステーブルコインのユースケース

JPMorgan Chase

 JPMorgan Chaseのジェイミー・ダイモンCEOはビットコインに対して批判的な一方で、ブロックチェーンについては高く評価しています。

 2019年2月に発表されたJPMorgan Chaseの独自コインである「JPMコイン」は、同じく同行開発のEthereumをベースとしたプライベートチェーンQuorum上で運用されます。

 下図のように、預金額を担保にドルペッグのJPMが発行され、それを用いて国際送金などが容易にできるようになり、ドルに変えたい場合は、預金と交換できる仕組みになっています。JPMは企業間送金に利用される予定であり、決済の高速化や送金コスト削減などといったメリットが予想されます。

JPMコインを用いた取引プロセスの概略図(プレスリリースより引用)

Unionbank

 2019年7月にフィリピンの大手商業銀行であるUnionBankがペソに連動する独自のステーブルコイン(PHX)発行を発表しました。

 PHXは、UnionBankの準備金を担保として価値の裏付けを行うものであり、銀行間や個人間の送金における効率・透明性の向上をはかるとしています。利用方法としては、同行の口座からペソを引き出してPHXを購入するほか、PHXを口座へ入金してペソに戻すことができます。

 また、PHXは支払いの自動執行も可能であり、これを応用した新しいサービス開発を通して、銀行間のリコンサイル (突合・照合)に関する非効率の課題が解消されるほか、コンプラ対応の効率化・監査の透明性向上も期待できるとしています。また、デジタルアセットに関するエスクロー・カストディアンサービス、デジタルアイデンティティサービスといった、新たな金融モデルの構築がさらに進展していくことが期待できます。

https://www.unionbankph.com

中国人民銀行

 中国人民銀行は2019年8月に独自のデジタル通貨開発を加速すると発表しました。

 同年7月には、中国人民銀行が、フェイスブックの仮想通貨リブラに対抗して独自のデジタル通貨を開発していると報じられており、リブラが中国の金融システムの安定にリスクをもたらす可能性を懸念していました。

 当行は、中国共産党などが参加したビデオカンファレンスの内容を要約し、金融政策から中小企業への支援にまたがる経済政策の優先事項を伝え、デジタル通貨の研究開発を加速させて、国内外の暗号通貨にもさらに注目すべきだと述べています。

まとめ

いかでしたか?今回は、商業銀行におけるブロックチェーンのユースケースについてステーブルコインの活用を中心にご紹介していきました。

 以上の3つのユースケースは民間企業によるものでしたが、これから各国の中央銀行が暗号通貨を発行する時代が来るかもしれません。金融領域とブロックチェーンは親和性が高く、今後の企業の取り組みには目が離せません。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ii8fPVBDlDfGalM_f3F-x9CGUnp2jf2X4Ed571Za1McqpmLX8A_sOwCzDCq0qsg3wd44he4w4UJyyfxoL-gp8t_roXwnaS-ekdwO7Kjk3-lVHlwO2JoxpWSLakD2cBKdXq_qVrU- です
https://lp.blockchaincodecamp.jp/