キャリア

ブロックチェーンエンジニアはどんな言語を使う?転職するのに必要なスキルをまとめてみた

ブロックチェーンエンジニアに必要なプログラミング言語はどんなものがあるのかまとめてみました。

2019.09.17
ブロックチェーンエンジニアはどんな言語を使う?転職するのに必要なスキルをまとめてみた

arrow_drop_down 目次

はじめに 

仮想通貨の普及と共に、基盤技術であるブロックチェーンを活用して様々なサービスを生み出そうとしている企業が増えてきています。ブロックチェーン技術は今後発展していく可能性があり、ブロックチェーンエンジニアになりたいという声を多く聞きます。

しかし、

  • ブロックチェーンエンジニアになるためにはどの言語勉強すればいいのか
  • 習得するための勉強方法をどうすればいいのか
  • そもそも何から勉強始めればいいの

などの声を聞くことが多く、今回は、ブロックチェーンエンジニアが使うプログラミング言語はどんな種類があるのか詳しく解説していきたいと思います。

ブロックチェーンエンジニアとは

参考記事:https://magazine.blockchaincodecamp.jp/5-blockchain-engineer-job-offers/

上記の記事で書かれているように、ブロックチェーンエンジニアは総称名で、大きく3つに区分けされます。

  1. ブロックチェーンのコア技術を開発しているエンジニア
  2. ブロックチェーン自体を研究しているエンジニア
  3. ブロックチェーンを活用したサービスを開発をしているエンジニア

 詳しく説明すると、

  1. EtherumやHyperlegerなどのコミュニティーに参加し、オープンソースに貢献しているエンジニア
  2. 大学・大学院や会社の研究所で研究しているエンジニア
  3. ブロックチェーンを活用したアプリケーションなどのサービスを開発しているエンジニア          

となります。

今回のトピックでは、今一番需要がある

3のブロックチェーンを活用したサービス開発をしているエンジニア

がどんなプログラミング言語を書いているのか紹介していきます。

ブロックチェーンアプリケーション開発に必要なプログラミンング言語とは?

ブロックチェーンアプリケーションは、

  • アプリケーションの開発スキル
  • ブロックチェーンを活用して開発するスキル

の2つのスキルが必要です。

アプリケーションの開発言語

最低限知っておく必要がある言語

  • HTML  (HyperText Markup Language)
  • CSS (Cascading Style Sheets)
  • JavaScript

もう少し極めたい人

  • Rails (Ruby on Rails)
  • PHP (Hypertext Preprocessor )

ブロックチェーンの開発言語

イーサリアムを活用するのであれば、

  • Solidity

もう少し極めたい人は、

  • Vyper

Hyperleger Fabricを活用するのであれば、

  • Go
  • Java
  • Node.js

Cordaを活用するのであれば、

  • Kotlin

が必要なプログラミング言語となります。

これらのプログラミング言語を学ぶ方法とは?

ブロックチェーンのアプリケーションの開発を学ぶとなると、

プログラミング言語だけでなく、ツールの使い方等も必要になります。

そのため、時間をかけてでも、独学で学べるようになりたいか、プログラミング未経験で早く体系的に開発できるようになりたいのであれば、プログラミングスクールがあります。

独学の場合

  1. ブロックチェーンってどんな技術なのか勉強する
  2. ブロックチェーンアプリケーションを作るまでに必要な全ての言語を本や記事を参考にしながら、勉強する
  3. 実際に、ブロックチェーンアプリケーションを作る

という流れになると思います。

現在、エンジニアの方は、独学でも勉強できる可能性は高いと思います。

プログラミングスクールの場合

  • 各言語づつプログラミング言語を学び、うまく組み合わせる方法を勉強する
  • プログラミング未経験からブロックチェーンアプリケーションを一気通貫して学べる

のどちらかの流れになると思います。

プログラミング未経験の方は、短期間で一気通貫して学びたい方にはおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

ブロックチェーンのアプリケーションを開発するためには、複数のプログラミング言語をしっていく必要があります。そのため、勉強するには多くの時間が必要ですが、短期間でブロックチェーンエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに通うことがおすすめです。また、現役エンジニアの方は、独学でも勉強できる可能性も高いと思います。

いつまでに、どのぐらいの時間をかけて、ブロックチェーンエンジニアになりたいか?

これを考えて、最適な勉強方法で学習しましょう。

「PR」自身の力でブロックチェーンアプリケーションを作ってみませんか?

自身の手でブロックチェーンアプリケーションを作りたいと考えている方は、プログラミングスクールに通ってみてはいかかでしょうか?

  • ブロックチェーンを学んで、今までにない何か作ってみたい
  • 今のうちにブロックチェーンの概念を理解し、開発もできるようになっておきたい
  • プログラミング初心者だけどブロックチェーンアプリケーションを作ってみたい
  • 独学で本や記事を見ながら勉強したけど、途中で一度挫折してしまったためメンターをつけて学びたい

と感じてる方は、BLOCKCHAIN Code Campがおすすめです。

BLOCKCHAIN Code Campとは

プログラミンング初心者からでもブロックチェーンアプリケーションを作ることができるオンライン完結型のプログラミングスクールです。現役のブロックチェーンエンジニアが1対1でメンターとなって、最短3ヶ月で、ブロックチェーンの概念や、ブロックチェーンアプリケーションを作れるようになれます。

現在無料相談会も実施しております。 少しでもご興味ある方は、こちらのサイトよりお問い合わせください。